習慣

青汁でコレステロールが下がる?

会社で定期的に行われる健康診断ですが、毎回何かチェックされている項目はありませんか?そして、医師のアドバイスでは、生活習慣や飲酒喫煙に気をつけるように指示される場合もあるでしょう。
健康診断で気になる項目として、コレステロール値があります。
コレステロールに関しては、気になるという人と、気にならないという人がいます。

これには理由があります。
コレステロールは、善玉と悪玉があるからです。
善玉は体にいいコレステロールですので、体にたくさんあってもかまいません。
しかし、悪玉は問題があります。

悪玉コレステロールが増えてしまうと、血管にどんどん溜まっていくようになります。
血管中に悪玉コレステロールが溜まってしまうことで、血管が狭くなって血液の流れが悪くなります。
そして、最悪の場合、動脈硬化や心臓麻痺といった病気につながります。

悪玉コレステロールを減らそうと思えば、長期的に考えると食生活を改善することや運動などで血液の流れをよくすることが大切です。
食生活の面から見れば、健康食品を摂取することで足りない栄養素を摂り入れることができます。
特に青汁を飲むとコレステロール値を下げることができます。

青汁の栄養素というと食物繊維、さらにビタミンなどの栄養素になります。
こうした栄養素は、血液中にコレステロールが溜まらないようにする効果があります。
青汁を飲むと血管も今まで以上に強くなり、血液の流れがスムーズになります。
血液が流れる血管は体の隅々にまで行き届いていますが、血管そのものが強く流れていないことには、末端まで十分な栄養素が行き渡らなくなります。

悪玉コレステロールが下がると、自動的に善玉コレステロールが増えていきます。
こうして、青汁を毎日しっかりと飲み続け、善玉コレステロールを増やすように努力していきましょう。
健康診断のたびに悩んでいた人も、これで少しずつ改善していくことがよくわかります。
もちろん、適度な運動や食生活、生活習慣の見直しも併せて行うようにしましょう。

↓青汁選びのポイント

Copyright© 2011 健康にいいものを取り入れて快適な生活 All Rights Reserved.